アクセスカウンタ

もっと知りたい良寛のこと

プロフィール

ブログ名
もっと知りたい良寛のこと
ブログ紹介
良寛が、どんな気持ちで、出家したのか・・
その謎を解くカギを手に入れました。
でも、この説は、一部の人だけにしか広まっていません。
もっと多くの人に、このことを知ってもらいたいと・・
思っております。
何か情報ありましたら、お知らせください!
よろしくお願いします。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
初めて訪問してくださった方へ・・そうでない方も・・読んでください。
初めて訪問してくださった方へ・・そうでない方も・・読んでください。 このブログをみつけてくださり、ありがとうございます。はじめての方も、そうでない方も、@の最初から読んでくださいますか・・・・・。良寛の出生の秘密が書かれています。私は田中圭一先生が書かれた良寛に関する本が、真実であると思っております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/29 21:33
良寛R・・・Qの内容への反論をいただいた。
 Qを読んでくださったTさんから反論メールをいただいた。 Tさんより許可を得て、以下にその内容を抜粋して書いてみたので 推理してもらいたい。 ************************************************** 天明2(1782)年の良寛の年齢25歳は巻末の「良寛さん関連年譜」に 書かれていたものです。 『岡山県小田郡矢掛町の曹洞宗寺院、大通寺住職で良寛研究家の 紫口成浩さんは・・・中略・・・なんとか玉島の円通寺での修業時代の 痕跡を探しあて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/18 15:32
良寛Q・大機和尚が大愚良寛と名付けた→飯島太千雄氏の説
 私は、常々“大愚良寛”という呼び名に疑問があった。 本人が、そういったのか、または誰かがつけたのか・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/22 01:53
良寛P・・・良寛をとりまく女性ーT維馨尼
 維馨尼(いきょうに)・・維経尼とも書く。どちらが正しいかは、わからない。 (いけいにとも呼ばれる。) 良寛を扱った本には、必ずと言っていいほど、貞心尼(テイシンニ) という女性のことが載っている。 しかし、維馨尼のことを扱った書物は少ない. ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/09 01:47
良寛O・・・良寛は子供たちと遊び楽しい時を過ごした。・・・その意味するものは・・・
現在、終身雇用制の元で働ける人が少なくなり、パートタイマーや、派遣社員、アルバイトという形態で働く人が多くなっている。つまりは、安定した生活を送れる人が減ってきているのだ。他方、『海外旅行に出かける人出が、過去最高。』というニュースも流れてくる。格差社会の幕開けである。と書きたいところだが、今に始まったことでは、ない。 良寛が生きた江戸後期も、そういう時代であった。いや、社会保障制度もない、もっともっと悲惨な世であった。 その当時 本百姓(土地を持つ百姓)は、干ばつや、水害等により米の収穫が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/20 16:14
良寛 N  L、M、をご覧いただいた方へ・・・訂正しました。
良寛L、Mを訂正加筆いたしました。 間違っておりました。すみませんでした。 もう一度L、Mを読み返してください。 お願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/19 14:12
良寛 M  五合庵・・・追記
良寛 M  五合庵・・・追記 前の日記で、書ききれたなかったことを書かせていただく。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 先に発表した『五合庵』の中で、 普賢院は、国上寺の住職が兼務していたと書いたが、万元(バンゲン)が、宝永〜正徳年間に、 住職を務めていた。普賢院は万元のために、再興された寺でもあった。 安養院も、住職が居ない時期もあり、その時は、国上寺の住職が兼務していたこともある。 以上のように、色々と変遷があったことを、付け加えたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/19 22:11
良寛 L 五合庵の隣には、寺が建っていたこと知っていますか?
良寛 L 五合庵の隣には、寺が建っていたこと知っていますか? 良寛の 通説では、“良寛は40歳にて五合庵に住みはじめ、59歳の時、乙子神社に移り住む”となっている。 つまり、この庵に、約20年住んでいたことになっている。だが本当は、時々は、不在のときもあったのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/19 02:29
良寛 K 伊能忠敬の測量日記に良寛の実家、橘屋が載っている。
良寛 K 伊能忠敬の測量日記に良寛の実家、橘屋が載っている。  西暦1802年10月25日、26日(和歴、享和2年9月29日、30日) 伊能忠敬は、出雲崎に止宿している。止宿先は、良寛の生家である橘屋(名主・本陣をつとめていた。)である。 当主は、代々世襲名を名乗っている。世襲名は新左衛門。屋号は、橘屋である。つまり当主は橘新左衛門である。 しかし伊能忠敬の測量日記には、橘左衛門と記されている。これは、誰なのかと疑問が湧いてきた。そこで、良寛研究家のS氏を訪ねた。S氏は測量日記をごらんになり、『この日記は、あとから正確かどうかの確認をして書いたという... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/12 00:32
良寛・・・J出奔した日、光照寺には、行っていない。
良寛・・・J出奔した日、光照寺には、行っていない。 良寛の幼名は栄蔵。元服後は文孝であるが、わかりやすく良寛と書かせていただく。ブログのはじめの方の記事にも書いたが、以南と言うのは義理の父親の名前である。新津の新次郎(新津の桂家四代目・誉章)が実父であることを頭に入れておいてほしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/27 02:30
良寛・・・I時代背景
 良寛の母おのぶは、佐渡相川の橘屋から嫁いだことを、書いたが、この橘屋は出雲崎の橘屋と、どういう関係なのか・・とか・・そのころの時代背景を書いてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/28 14:27
良寛・・・H諸国行脚・・・
 良寛は円通寺を去った後、諸国を行脚している。 その当時の話を探してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/09 04:23
良寛・・・G凛とした態度が、しのばれる歌
最近はやりの言葉・・ロハス。 ロハスとは・・yhoo辞書によると ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/10 03:14
良寛・・・Fまだある・・名前の間違い
 良寛・・Aの内容をさらに詳しく書かせていただく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/02 01:40
良寛・・・E良寛から出る雰囲気は
いろいろな書物に良寛のことが取り上げられている、 その中の特に印象深い文章を紹介したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/23 20:36
良寛・・・D良寛はどう描かれたか・・・・
良寛・・・D良寛はどう描かれたか・・・・  江戸時代に『良寛禅師奇話』(リョウカンゼジキワ)という良寛の 伝記がだされている。 解良栄重(ケラヨシシゲ)という儒学者が書いた。 この栄重の父親は良寛を尊敬し、又お世話する人でもあった。 栄重はこの父親から、いろいろと良寛に、まつわるエピソードを・・ 聞き書いたのだ。また・・この本には、巷に流れる良寛にまつわる話も、 同時に載せた。 その話が真実とか作り話とかは、区別なく載っているらしい。 さらに栄重は儒学者という立場から・・ ことさらに良寛を、道徳的なお手本として扱ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/16 02:51
良寛・・・C出生年のこと
良寛・・・C出生年のこと  田中圭一先生の『良寛の実像』から、 以下要点。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/09 21:58
良寛・・・B新津の桂家とは
 良寛の実父の実家である桂家の史料を田中圭一先生が調べた結果、 次のことがわかった。 桂家四代め誉章(良寛の実父新次郎)は、桂家三代目誉春の お手かけの子供であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/04 03:01
良寛・・・A母親の名前は、おのぶ
@でご紹介した田中圭一先生の著書“良寛の実像”の中に、 すべて書かれているので、あえて、要点だけご紹介する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/01 03:37
良寛・・@出生の秘密・・・・
良寛・・@出生の秘密・・・・  ある時、子供に 『良寛さんは何をした人なの?』 と質問された。私はとっさに答えられなかった。 『そうねえ〜書とか、歌とか・・今度、本を読んでみようね』 と、これが精いっぱいだった。 子供向けの本には、それこそ、父親のこと母親のことなど 詳しくは書いていない。おうちのお仕事が嫌で、 出て行って坊さんになったことぐらいが載っていた。 あとは、おきまりの子供たちとの手まり遊びのことなど、であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/29 02:16

月別リンク

もっと知りたい良寛のこと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる